そばで世界の食を変えるという夢。
一緒に育てていきませんか。


Join JUWARISOBA and bring natural and
healthy food to the world.
 
  株式会社十割そば
代表取締役社長

石渡 隆司
     
 いま世界の食は危機的な状況にあります。
世界の多くの先進国では、肥満や成人病対策として食生活の改変が求められていますが、
他方では、発展途上国の食料不足問題もますます深刻になり、穀物の確保や有効活用が急務となっています。また、牛肉の上に起こった世界的なBSEの発生で明らかになったように、農薬・化学肥料や飼料に依存した農業構造、さらには、農地の汚染や干ばつ砂漠化の進行など、食の生産システムそのものに本格的な改善が迫られています。
 
 「そば」は、そうした世界的危機を救う可能性を秘めた食物です。
世界に広く分布し、厳しい気象、水分の少ない土地の条件下でも育ち、
しかも、農薬や肥料を必要とせず、栽培に手間がかかりません。
それでいて、低脂肪・高タンパクで、ビタミンやミネラルを多く含みます。
さらに、成人病予防効果が注目されている話題の栄養素、ルチンを豊富に含んでいます。
 
このような数々の優れた特徴を持つにもかかわらず、そばがそれほど普及できずにいた理由は、
簡単に調理できて、安価に、美味しく食べるための技法が発展してこなかったからです。
日本は職人技・そば切りとして食する方法を発明したという点で、そば食文化の先進国と言えますが、
それでも、他の穀物に比べて、そばの地位は高くありませんでした。
まして、そば本来の味や栄養が滅殺されていたことに十分、気づいていなかったのです。
 
私達が発明した「味玄十割そば製法」は、そばの普及を妨げていた問題点を一挙に解消しました。
そばが日常食として世界に普及すれば、世界の食への貢献は図りしれません。
「すし」という食文化が、世界の食に大きな影響を与えているように、
「味玄十割そば」も重要な日本文化の提案となると信じています。
安全で美味しい食事を提供することで、消費者と確かな信頼関係を築いていきたいという方こそ、私たちのパートナーです。そして、世界の食文化に寄与するという夢と理想を胸に、ともにこの事業に取り組んでいただきたい。
そう願ってやみません。
 
 Copyright (C) 2003 JUWARISOBA Co.,Ltd. All Rights Reserved.